FFT小説「ELABORATE CROWN AND CIDRE」をUPしました

秋といえばリンゴ、リンゴといえばアップルパイもしくはシードルという連想で付けてみたタイトルですが、久々にFFT小説をひとつ書きました。FFTの小説置き場にありますので、興味があるぞという方はぜひどうぞ(pixivにも掲載しました)。前回の更新で「書いてます」とお伝えした話なのですが、思ったよりも長くなってしまいました。書いても書いても終わらない〜と唸りつつも楽しく書きましたが、読み返してみるとやっぱり長いです。何故にこうなった。

しかし、ムスタディオの誕生日が近いな?と10月上旬に書き始めた話が書き終わったのは11月中旬(というか昨日)、もはやディリータの誕生日のほうが近いということに少し慄いています。確かにディリータも登場するけれども、まさかこんなにかかるとは思わなかった…。ムスタディオとディリータの誕生日話を兼ねてみました!と言ってもいいかもしれないです(?いやそれはどうだろう)。

それにしてもディリータは下戸だというのが個人的設定(前にも書いたような)なのですが、FFTキャラの呑兵衛事情も考えてみると楽しそうです。