小説同人誌InDesignメモ10| 表紙を作って完成!

InDesign

いよいよ最後の項(のはず)です。表紙を作りまーす…といっても、InDesignではなく今回使うのはPhotoshopです。

このメモは「二次創作小説同人誌をInDesignでこんなふうに作成しましたというメモ&こうすればもう少し楽だったのでは?という推測」です。勘違いや迂遠、もっと楽できるのにーな箇所が多いかもしれませんがご了承ください。※この項ではInDesignは扱いません。

素材を探す

今まで作ってきた本の多くは自分で撮った写真や自作画像が主だったのですが、世の中には素晴らしすぎる素材サイトさんがたくさんある!ということで、最近ではそちらも活用しています。個人・商用利用でも無料というのも多く、ありがたいことです。
今回は「Pixabay」という素材サイトにあった以下の2枚の画像を使っています。ここまで書いて気が付きましたが、Pixabayの写真を使った旨を奥付に書いておけばよかった…(クレジットは必須ではないのですが、ちょっと反省)。

InDesignメモ11/表紙を作る
赤い枠内の鳥さんについてはまた後ほど触れます
InDesignメモ11/表紙を作る
オーランの話なので占星術。

表紙を作る

メインには砂浜&鳥の写真を使うことにしました。しかし、ここで登場させたい鳥は一羽がいいなーと思ったので、一番右の鳥以外を「スポット修復ブラシツール」で消し消し。あっという間にきれいさっぱり消えるので恐ろしいくらいです…。

InDesignメモ11/表紙を作る
と、鳥が消えた―!

で、この鳥さんをフォーカスするように他の部分をぼかし、占星術っぽい画像をオーバーレイで重ねて、文字を配してできあがりました。ぱちぱち。
…ちなみに、鳥さんは裏表紙なので実は目立たないということに後で気付いたり。

しかし、表紙についてはPinterestなどで同人誌の表紙ってどんなのがいいのかなあとぼんやり調べてもいるのですが、なかなか納得のいく出来にならないのが悔しいところ。もちろん自分の本はどれも愛着がありますが、さらに素敵な表紙になるにはどうすればいいんだろう…。うーん、難しいです。

後はレイヤーを統合して終了です。今回は表紙もPDFで入稿だったので少しまごつきましたが(PSDで入稿することが多かった)、本文も表紙も揃ったのでテンションの高いまま入稿しました。わーい!

あとがき

以上、長々と10回+1回に渡って書いた「小説同人誌InDesignメモ」もこれにておしまい。お付き合いくださりありがとうございました。
この連載を書きつつ次の原稿に取り組んでいたのですが、原稿が終わって編集に入った暁にはメモっといてよかったーと思えるといいなと思います。たぶんInDesignに関するあれやこれといった知識は見事に飛んでいるでしょうから…。実際、2ヶ月前に作ったことなのにもう飛んでいる箇所も多数ありました。
とはいえ、段落スタイルの考え方や文字組みアキ量、柱の作り方や目次などまだまだ分かっていないところも多いです。複雑な冊子(評論のように図がもっと入り組んでいるようなのとか)も作り方が分からないし…。これについては機会があれば取り組んでみたいです。

さて、次の原稿頑張ろう!