サン=テミリオンへ行ってきた

今は昔、2007年5月にフランス南西部にあるサン=テミリオン(Saint-Émilion)という街(村?)に行ってきました。かなり前の話ですが、そのときに撮影した写真と簡単な説明を掲載しています。曖昧(うろおぼえ)&間違ってそうな点もありますが、どうぞご了承ください。※このページは同人誌「ベイグラントストーリーファンのためのサンテミリオンレポート本(仮)」から抜粋・加筆修正したものです。UPDATED : 20190601

目次
1 : 何故にサン=テミリオン?
2 : サン=テミリオンとは?
3 : サン=テミリオンへの行き方
4 : 写真あれこれ
5 : 思い出あれこれ
6 : あとがき

1 : 何故にサン=テミリオン?

アルティマニア(公式サイトにも記述があったような)に「レアモンデ(ベイグラントストーリーの舞台)はサン=テミリオンがモデル」という記述があり、いったいどんなところなんだろうと思ったことから始まります。プレイした方ならご存知のことと思いますが、ベイグラントは背景のグラフィックもとんでもなく素晴らしいです。ずっと街並みだけを眺めてぼんやりしたこともしばしば(2019年に再プレイしたときもそうでした)、そのたびにうっとりしました。そして、そのモデルになったところがあるらしい!と知って飛びつかないわけがありましょうか。…とはいっても、すぐに飛びつくにはちょっと遠いし、色々準備する必要もあります。無理かなーと思っていたのですが、2007年5月についに行くことができました。

2 : サン=テミリオンとは?

サン=テミリオン (Saint-Émilion) は、フランスの南西部に位置する町で、ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏、ジロンド県に属する。ボルドーワインで有名なボルドー近郊のワイン産地のひとつで、歴史地区は周辺の7つのコミューンの景観とともに、「サン=テミリオン地域」の名でユネスコの世界遺産に登録されている。(引用:Wikipedia

世界遺産には1999年に登録されており、そのためかは分かりませんが、ベイグラントの発売された2000年の秋にはTBS「世界遺産」だったりNHKの特番(世界遺産を紹介する感じの番組)で紹介されました。今もボルドー周辺の旅番組などで時折出てくる場所でもあります。

サン=テミリオンはワインでも有名(というか、ワインのほうが有名?)です。上記引用文にもあるとおりワインの名産地で、街をぐるりと囲むようにぶどう畑が広がっています。その全景を楽しむにはプチトランでぶどう畑(プラスしてワインカーヴの見学&試飲もできるコースもあります)を巡るのも良さそうです(伝聞形なのは乗ったことがないからなのですが←悔しい)。

街のなかはというと、古い街並みがそのまま残っている!という具合です。見どころとしてはモノリス(一枚岩)教会や王の塔でしょうか。モノリス教会の地下はガイドツアーでのみ訪れることができますが、この教会について調べてから行くとさらに興味深いものになると思います。私の場合はまるで調べて行かなかったので、ただ「すごい!」と思いながら見てまわってしまいました。勿体なかった…。

ちなみに、世界遺産に行ったこと自体が初めてだったためにほかの場所がどんな感じなのか分からないのですが、(2007年当時では)いわゆる観光地ではあるものの、のんびりしているところもあるなという印象を受けました。とはいえ、観光案内所は立派でしたし、特産のワインを扱うお店は勿論、レストランやお土産屋さんもあります。カヌレ(ボルドー名物)やマカロン(サン=テミリオン名物)を扱うお菓子屋さんもありまして、カヌレを買って食べました。実に美味しかったです(後にマカロンこそがサン=テミリオン名物だということを知りました。こちらも食べればよかった!)。

サン=テミリオンの大雑把な地図
サン=テミリオンのおおまかな地図です。ワイン祭りのときに登るという塔(地図中の8番)は「王の塔」です。のんびり散策していたら時間がなくなってしまい、登りそこねました…。

最後に、この記事を書くにあたって参考にしたサイトのご紹介です。

3 : サン=テミリオンへの行き方

サン=テミリオン周辺の大雑把な地図

サン=テミリオンへのアクセスについてざっくりと。「ボルドーからのツアーに参加する」というのが一番楽かと思いますが、個人で自由行動するのは少し難しい側面もあるかしれません。思う存分ベイグラントの雰囲気に浸りたい…という場合には自力でアクセスすることをおすすめします。

実際に訪れたときの手段:
パリ→【TGV:3時間半】→リブルヌ(Libourne)→【タクシー:20分ほど】→サン=テミリオン郊外のホテル→【レンタサイクル:30分ほど】→サン=テミリオン
※リブルヌはTGVが停車する駅(すべてのTGVが止まるわけではないのですが)です。サン=テミリオン駅が本当は最寄り駅ですが、ボルドー(Bordeaux-Saint-Jean駅)からのアクセスになる&本数が少なかったため、リブルヌからのアクセスを選びました。ホテルからはタクシーで行くつもりだったのですが、自転車の貸出をしていたのでそちらに変更。迷いつつもぶどう畑を見ながら向かうのは楽しかったです。ちなみに、サン=テミリオンの次はボルドーに向かったのですが、ボルドーへはリブルヌ駅からTERで行きました。
主なアクセス手段:
パリから:リブルヌ駅(TGV)下車→バス(315番) or タクシー
ボルドーから(その1):ボルドー発リブルヌ経由のバスに乗る(302番)
ボルドーから(その2):リブルヌ駅(TER)下車→バス or タクシー
ボルドーから(その3):サン=テミリオン駅(TER)下車

4 : 写真あれこれ ※無断での転載・使用はなさらないでください(Redistribution prohibited)

サン=テミリオン
サン=テミリオンの入り口付近です(裏側かも)。鐘楼は教会になります。
サン=テミリオン
建物(歴史博物館のものかな?)の壁なのですが、街を囲む城壁にも見えたり。
サン=テミリオン
這い具合がもうなんというか、素敵。
サン=テミリオン
曇天だったのが残念ですが、サン=テミリオンはこんな感じの街。遠くに見えるのはぶどう畑です。
サン=テミリオン
モノリス教会です。そういえば地下教会からレアモンデに入ったときに聞こえてきたのは鐘の音だった…!
サン=テミリオン
サン=テミリオンをてくてく歩きながら違う角度で街並みをぱしゃり。
サン=テミリオン
上の写真から右へスライドしてもう一枚ぱしゃり。
サン=テミリオン
上の写真から右へさらにスライドしてもう一枚ぱしゃり。
サン=テミリオン
ぶどう畑が下の方にあります。街の中にもあるのですね。
サン=テミリオン
見た瞬間「なんとなく工房チック!」と思ってしまいました。
サン=テミリオン
小道から教会を見上げました。
サン=テミリオン
朽ち具合が実にちょうど良い…。

5 : 思い出あれこれ

箇条書きにて道中記(という名の思い出)をあれこれ綴ってみました。ベイグラントにはあまり関係ない部分も多い、というかそればかりかも。

サン=テミリオンあれこれ詰め合わせ

6 : あとがき

行ってよかったなあ…また行きたいなあリベンジしたいなあと今も思っているサン=テミリオンですが、何がそんなによかったのかしらんというと、それは「空気」だったのかなあと思っています。ベイグラントストーリーの舞台・レアモンデのモデルというバイアスは相当あったのですが、あの景色を見ることができたのは本当に幸せでした。

今度行くときは、ボルドーに1週間ほど滞在→そこからサン=テミリオンへお出かけ→天気が良さそうな日に朝から夜までじっくりということをやってみたいです。いつか!きっといつの日か! …叶う日が来るといいな。

以上、サン=テミリオン旅行記でした。お読みいただきありがとうございました!